ZEROICHI BLOG(0→1)

シミズタカヒロです。ベンチャー企業で役員をしています。ビジネスやセールスにおける0→1を中心にブログアップしています

フォトリーディングよりも「辞書読み」しよう

先日、本の読み方の話になり、ちょうど先輩が神田昌典先生の

フォトリーディング講座」に参加していた、ということを聞き、

本を読む私にとっては、「え?それどうやるの?」と思っていたことでした。

 

フォトリーディング」には元々興味があった。

そんなに速く読めるようになるなら費用対効果が高い!と思えたからだ。

 

元来、私は本を読むのが早いほうで同時多読するタイプで、

この「フォトリーディング」について気になったので、

深くきいてみたので、以下にそのコツとかを私なりに要約して書いてみる。

 

 

そもそも「フォトリーディング」ってなんやねん、という方もいると思います。

www.almacreations.jp

 

とまぁあるのですが抜粋すると、

ページをイメージとして脳に取り込む速読術

とあります。ほんまかいなと思ったので、他にも調べてみた。。

フォトリーディングが従来の目を速く動かす速読法と違う点は、あなたの読書能力を向上させるだけでなく、「情報編集力」を高める新しいテクニックであることです。

※ https://www.kandamasanori.com/photoreading/ から抜粋

なるほど。

ここで1つ大切な話がでてきた。

フォトリーディング」=「情報編集力」だと。つまり読書術ではない。

 

ここまで書いた上で、その先輩にきいてみて、

返ってきた点をまとめてみた。それが以下。

  1. その本を読む目的や得たいことを考える
  2. 目次を読んで、大枠の流れをつかむ
  3. その上で、ペラパラと速読していく
  4. そうすると、目的が明確なら、それに関連する言葉がフォトとして記憶される

というものだそうだ。

つまりところ、早く本が読めるようになる、のではなく、

目的を明確にしたことで欲しい情報が目に止まりやすくなる、ということが

言いたいようだ。確かに、本を読んでもかなりの部分はいまの自分には

不要な情報であることが多いですからね。

 

なんだか、フォトリーディングといわれると「写真のように記憶できる」と

思えがちだが、そうではないようだ。

 

この読み方ならいまでもやっていますね。私の読み方はこうだ

  1. 学びたい本のカテゴリで似たようなものを5冊くらい買う
  2. それらから学びたい内容を考える
  3. 目次をじっくり読んで、大筋の学びを整理する
  4. ざっと読む

これで同じようなカテゴリの本を、目的にあった言葉を拾いつつ、

読み、比較していくので自分にとっての正解が見つかりやすい。

読み方はそれぞれありますが、やはり速く読めるわけじゃないようですね。

 

ざっと多読し、その後は常に積ん読状態から、思い出して、

辞書として使う、という使い方が私としては最高なんじゃないかと思う。

一度に大量の内容を記憶なんて出来ませんよね。