ZEROICHI BLOG(0→1)

シミズタカヒロです。ベンチャー企業で役員をしています。ビジネスやセールスにおける0→1を中心にブログアップしています

いい人材が集まる、性格のいい会社

冒頭からはじまる話ですが、
性格の悪い会社は、人材獲得競争のスタートにも立てない。
これだけ見ると、正直ビックリする。
 
◆なぜ会社の性格が人材獲得に影響するのか
会社でいう外見(外からの見た目)は入職理由にはなるが、退職理由にはならない。
退職理由になるのは多くの場合、性格(中身の話)が要因になる。
さらに、人と同じで外見で勝てないなら性格で勝るしかない。
 
つまるところ会社の性格が悪いと人が採れないし、
退職も続くのでバッドスパイラルが続く。
 
◆戦略が人に従う
これまでは、まさに戦略をつくり、そこから人材や組織を考えていました。
時代は複合的で曖昧になったからこそ、戦略通りいかないことが多いし、
その曖昧な変化に耐えられる人、超えられる人こそが必要です。
つまり戦略は人・組織に従う、という時代になった。
 
◆自分より優秀な人を採用しろ?ほんとか?
これは本に記載されてましたが私は一部正しいが本質ではないと思います。
組織に必要な人、理念に合った人を採用するのであり、そこに優秀さは関係ない。
 
自分より優秀かどうかはどちらでもよく、そして、もちろん「優秀」であることは良いことだか、ずっと「優秀な人」を採用し続けられる会社はそんなに無い。
 
理念に合い、今の段階では優秀でない人がいるからこそ、その人たちを育てる仕組みや暗黙知が社内にでき、本当に「会社にいて欲しい人財」が生まれるのだと思う。
人は教えたり、育てることで劇的に成長します。
優秀な人を採用したい=劇的な成長機会を減らしてる、ということにもなると考えています。
 
さらに、言葉は悪いが少し優秀でなくても、異色な味のある人材が必要だと思う。
食べ物だって、カレーにチョコいれたり、トマトに塩をかけたりと、
異色な味が旨味を引き立てます。育成・成長とは、そういうものだと思っていて、
この「異色な味」と付き合える組織こそ、本当に成長するのだと思う。
 
◆退職理由のホンネランキング
1.上司や経営者の仕事の仕方が気に入らない
2.労働時間・環境が嫌
3.同僚などの人間関係
4.給与体系
5.仕事が面白くない
 
この5つで退職理由の70%以上。
ほとんどが、解決できることばかりだ。
 
◆日本では性格が選ばれる?
新卒時代は大企業、ブランド、売上、スケールで見がちで、まさに外見で選んでいる人が多い。だからこそ、二回目以降は性格で選びたいと考えるのは当然なのかも。
 
◆組織の成功循環モデル
組織の関係の質が高まる→思考の質が高まる→行動の質が高まる→結果の質が高まる
多くの企業は結果の質にこだわるからこそ、逆回転がおき、
じゃあ、行動できてるのか、考えられているのか、とうまくいかない。
まずは「組織の関係の質」から始めることが大切(=これは弊社でも大切にしていること)
 
◆男性育休のメリット
・育休をとった男性社員の会社へのロイヤリティが増す
・時間を意識して生産性高く働く
・家庭内が安定して、精神的にも安定する
・育休への取り組みで優秀な社員が入社してくる
 
男性の育休取得についても考えていくべきでしょう。
通常育休期間は給与がないので、そのフォローがあると長く社員がいてくれるかも。
弊社は女性が多い会社なので、このあたりの制度は再度、見直さないと、、、
 
◆オフィス内にコワーキングオフィス
社内外の人達がつかえる自由なスペースというのは面白い。
オフィスがもっと広くなったらやってみたい。
社員の休日や朝などの自己学習に使ってもらえたり、友達と学ぶ場になったりと
非常に有意義になるのではないか。オフィス環境はメスをいれていきたい内容の1つ
 
◆新しい採用手法
リファラル採用、INDEEDを使った採用、Wantedlyなど、新しい採用手法が出てきています。
ビズリーチが仕切りに話を出し始めた「プロリクルーター」という仕事であり、職種。
今後はそういう業界が力を持ってくるでしょう。
これが進めば進むほど、会社の性格は大切な要素となるし、
力のある人材がいるかどうか、その人をリクルーターとしてアテンドできているかどうか。
 
最強の営業マンを人事に当てるくらいの気持ちでやるべきでしょう。